プチ断食が残便感に効果的?

プチ断食で残便感は解消される?

つらい残便感。

 

おなかがモヤモヤしてつらいですよね。

 

 

もし原因が便秘なら、プチ断食は効果があります。

 

食事を取れないなんてつらいと思う方もいるでしょう。

 

半日断食するだけでも便秘解消には効果があるのです。

 

半日のような短い期間の断食はプチ断食とも呼ばれています。

 

プチ断食の注意点など、まとめました。

 

胃や腸は、働き者!

 

胃や腸などの消化器官の働きはたくさんあります。

 

もちろん消化と吸収はとても重要です。

 

なぜなら、人間は生きている限りエネルギーを消費し続けます。

 

常にエネルギーの補給もしなければいけないんです。

 

現在では食べ物に不自由することはほとんどありません。

 

でも、ほんの数百年前までは人間の歴史は飢えとの戦いでもあったのです。

 

ですから、内臓は食べ物が体内に入って来れば真っ先に「消化」と「吸収」を行います。

 

胃や腸も、疲れている!

 

飲み過ぎたり、食べすぎたりすると、胃腸の調子が悪くなります。

 

人間だって働きすぎれば疲れるように、内臓も働きすぎれば疲れてます。

 

しかし、内臓は食べ物が入れば消化吸収を行わなければなりません。

 

その結果、うまく排出できなくなる場合もあります。

 

ですから、胃腸の働き以上に食べ過ぎれば、下痢になったり、便秘になったりするのです。

 

断食で胃腸を休ませる

 

断食をすると、当然のことながら食べ物が入ってきません。

 

胃は空腹を訴え、食べ物が欲しいと盛んに蠕動します。

 

空腹になるとお腹が鳴るのは、胃が動いているせいなのですね。

 

腸も同時に動いています。

 

腸が動くということは、たまっていた便が押し出されるということ。

 

消化に力を使わない分、内臓は排出に活発になります。

 

これが、便秘をすることで便秘が解消する理由なのです。

 

 

半日のプチ断食のやり方

 

半日断食とは、朝食を抜く断食方法です。

 

とはいっても、通常の朝食抜きとは違います。

 

前日の夕飯から翌日の昼食までがちょうど半日程度なので、半日断食と呼ばれています。

 

半日程度なら、回復にそれほど気を使う必要もありません。

 

断食明けの昼ご飯を少し軽めにすれば大丈夫です。

 

注意点

 

  • 前日の夕食ですが、通常よりは軽めに、腹八分程度に抑えておきましょう。
  • 前日の夕食は、遅くとも夜8時までには終えておきましょう。
  • 半日断食を行う当日は、早起きしましょう。
  • 起きたら、まず50度ほどにさました白湯を飲みましょう。これを飲むことで胃腸を動かします。
  • プチ断食の日は、激しい運動はやめておきましょう
  • 断食は体調が良い時に行う
  • 断食は頻繁に行わない

 

断食を頻繁に行うと、かえって体の負担になります。

 

でも、たまに行う程度なら、残便感、モヤモヤの解消にもつながるので、一度試してみることをオススメします。

 

腸内環境を整える天然美通の公式サイトをチェックする

 

残便感の5つの解消方法は?