残便感に善玉菌が効く?

残便感は腸内環境が良くないせい?

トイレに行ってもまだ出そうな残便感。

 

すっきりしない状態で毎日を過ごすのはつらいもの。

 

 

便は腸内のバロメーターと言われています。

 

腸内環境を整えれば残便感は解消されるかもしれません。

 

便は腸内環境のバロメーター

 

健康な便は、70〜80%が水分。

 

残る20%は、食べカス、生きた腸内細菌、はがれた腸粘膜です。

 

わずか1g(乾燥ベース)のうんちに、約1兆個の腸内細菌が含まれているんです。

 

水分量が少なかったり、悪玉菌が多いと、なかなか出ない、すっきり出すことができない(残便感)んですね。

 

理想的な腸内環境バランスとは?

 

健康にとって大切なのは、腸内環境の「バランス」です。

 

善玉菌を元気にし、理想的な腸内フローラのバランスを目指しましょう。

 

腸内フローラとは・・・

 

私たち<ヒト>の腸内には、多種多様な細菌が生息しており、それらはなんと、数百種600兆個以上。

 

特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。

 

顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。

 

善玉菌で残便感は解消できる?ヨーグルトより効果的なのは?

 

腸内フローラのバランスが良くなれば、残便感も解消され、免疫力が上がるなど、健康に対するあらゆる効果が期待できます。

 

 

腸内環境を整えるにはヨーグルトより納豆?

 

腸内環境を整えて善玉菌を増やすには、ヨーグルトを食べればいいと思っている人も多いのでは?

 

でも、ヨーグルトは乳糖のみを栄養素としていて、動物性乳酸菌は特定の微生物としか共存できません。

 

また、日本人の腸は欧米人と比べて長いので、乳酸菌が腸に届くまでに死滅する可能性が高いのです。

 

だから、日本人の腸にいいのは、漬物やみそ、納豆など、植物性の乳酸菌です。

 

 

植物性は、様々な糖を栄養源としていて、生命力がとても強く、生きた状態で腸まで到達すると言われています。

 

ヨーグルトをせっせと食べるより、納豆やお味噌汁を飲む方が善玉菌が増えるかもしれません。

 

食生活が乱れがちな人は・・・

 

食生活が乱れがちで腸内環境も乱れがちという人は、サプリメントもオススメです。

 

天然美通は、腸内環境を整えるサプリメント。

 

天然美通

 

天然美通の公式サイトをチェックする

 

天然美通は、大豆発酵熟成エキスで、善玉菌をパワーアップさせて増やすんです。

 

それによって、

  • 便通の改善
  • コレステロールの蓄積抑制
  • 発がん物質の原因となる毒素を排泄
  • 免疫緑を向上させる

 

など嬉しい効果が期待できるんですね。

 

また、大豆発酵熟成エキスは、乳酸菌から作られていて、生きている菌ではありません。

 

だから、死滅することを心配しなくていいんです。

 

熱や酸にも強いので、ほとんど分解されずに腸まで届きます。

 

乳酸菌を生きたまま腸まで運ぶ、などという発想とは少し違った天然美通。

 

一度その効果を試してみたいですね。

 

天然美通の公式サイトをチェックする

 

残便感の5つの解消方法は?