残便感があって便が臭い

残便感があるとおならも臭くなるの?

排便したはずなのに、なんだかスッキリしない・・・。

 

まだ便が残っているような感じを残便感といいます。

 

大腸の動きが低下しているときは、スムーズに排便できずに、残便感を感じやすくなります。

 

もう少しで出そうなのになかなか出ない便は、腸に留まる時間が長いので、臭いガスが発生し、便もオナラも臭くなります。

 

おならが臭いのはなぜ?残便感があると便もおならもくさい?

 

残便感の原因は?

 

残便感の原因は、いろいろと考えられますが、コロコロした便が出る、便が固いなどであれば、便秘の可能性が高いです。

 

便秘と一言で言っても、大きく分けて3つあります。

 

直腸性便秘

 

肛門の近くまで便が来ているのに、便意が起こらないために便秘になります。

 

何度もトイレを我慢してしまうと、便意が起きにくくなってしまうのも原因の一つ。

 

学校でトイレに行くのが恥ずかしくて我慢をすると、子どもでも便秘になることがあります。

 

便意を我慢するのはやめて、開き直りましょう。

 

弛緩性便秘

 

大腸の運動機能が低下してしまうため、便秘になってしまいます。

 

お腹周りの筋肉が弱い高齢者や女性、男性でも運動不足で筋肉が低下している人がなりやすいタイプの便秘です。

 

腹筋を鍛えるといいでしょう。

 

けいれん性便秘

 

大腸の動きは、自律神経がコントロールしています。

 

強いストレスがかかると自律神経が乱れます。

 

その影響で大腸の動きも乱れてしまいます。

 

腸はデリケートなんですね。

 

残便感を解消しておならのニオイを解消する方法は?

 

まず、軽い運動をするようにしましょう。

 

おならが臭いのはなぜ?残便感があると便もおならもくさい?

 

軽い運動なら、ストレスも軽減できて、腹筋も鍛えられるので、一石二鳥です。

 

また、ゴボウ茶などの水溶性食物繊維をとるのも一つの方法です。

 

でも、何より大切なのは、腸内環境を整えること

 

大腸の中には、数百種類の腸内細菌が住んでいます。

 

その中には、

 

  • 腸内環境を整えて大腸の動きを活発にする善玉菌
  • 逆に腸内環境を乱して大腸の動きを鈍らせる悪玉菌
  • 増える方につく日和見菌

 

がいます。

 

便秘がちな人の大腸の中は、悪玉菌が優勢。

 

おならが臭いのはなぜ?残便感があると便もおならもくさい?

 

そんな腸内の善玉菌を増やすためには、2つの方法があります。

 

善玉菌そのものを体の外から取る

 

善玉菌が含まれている食べ物と言えば、やはりヨーグルトが一番有名だと思います。

 

ヨーグルトには、善玉菌の1つ乳酸菌やビフィズス菌がたくさん含まれています。

 

また、味噌や漬物などの発酵食品にも善玉菌は含まれています。

 

 

これらの食べ物を取ることで、善玉菌を取ることができます。

 

ただし、体の外から取り入れた善玉菌は大腸には住みつかず、すぐに排泄されています。

 

なので、毎日食べて常に腸に送り続けることが必要です。

 

善玉菌を元気にする栄養素を取る

 

腸内細菌は、私達が食べたものを栄養源として活動していますので、善玉菌が好きな物を食べると、腸内の善玉菌が元気になり、数もどんどん増えます。

 

すでに腸内に住んでいる善玉菌を元気にして増やすので、排泄される心配もありません。

 

善玉菌を元気にするサプリメントはこれ!

 

天然美通

 

天然美通の公式サイトをチェックする

 

大豆発酵熟成エキスは、善玉菌のエサとなります。

 

そして、善玉菌をパワーアップさせるんです。

 

腸内環境のスペシャリスト田中保郎先生も推奨していて、メディアも注目の天然美通。

 

おならが臭いのはなぜ?残便感があると便もおならもくさい?

 

一度効果を実感してみたいですね。

 

天然美通の詳細はこちら

 

残便感の解消法はこちら