お酒を飲むと残便感が残る

お酒を飲むとすっきり出ない?残便感を感じるって本当?

アルコールを飲むと、次の日に残便感がひどいという人がいます。

 

お酒を飲むと残便感が残る?アルコールと関係あるの?

 

アルコールと腸はあまり相性がよくありません。

 

アルコールは悪玉菌を増やす原因になりますし、利尿作用が強く、脱水になりやすい飲み物です。

 

体の水分が減ると、腸に水分がいきわたらなくなり、便は固くなります。

 

アルコールをよく飲む人は、残便感が残る、なかなか出てこないという症状を多く感じているようです。

 

アルコールを飲む時は、同じ量のお水を飲んで!

 

お酒を飲む時は、同じ量のお水を飲みましょう。

 

お酒を飲むと残便感が残る?アルコールと関係あるの?

 

よく聞くお話ですが、みんなで飲みに行ってお水はなかなか飲みにくいですよね。

 

お水を飲みながらだと、お酒が楽しめないという人もいるでしょう。

 

そういう人は、常日頃から善玉菌を増やし、腸の状態をよくしておくことが大切です。

 

 

天然美通で善玉菌を増やす

 

天然美通

 

天然美通の公式サイトをチェックする

 

天然美通は、大豆発酵熟成エキスで、善玉菌をパワーアップさせて増やすんです。

 

それによって、

  • 便通の改善
  • コレステロールの蓄積抑制
  • 発がん物質の原因となる毒素を排泄
  • 免疫緑を向上させる

 

など嬉しい効果が期待できるんですね。

 

また、大豆発酵熟成エキスは、乳酸菌から作られていて、生きている菌ではありません。

 

だから、死滅することを心配しなくていいんです。

 

熱や酸にも強いので、ほとんど分解されずに腸まで届きます。

 

乳酸菌を生きたまま腸まで運ぶ、などという発想とは少し違った天然美通。

 

一度その効果を試してみたいですね。

 

天然美通の公式サイトをチェックする

 

残便感の5つの解消方法は?


 

 

 

 

 

水分をしっかりとる

 

人体の80%は水分でできています。
ですから、人が生きていくためにはたくさんの水分が必要なのです。
水分を摂取するには「水などを飲む」というイメージが強いですが、食べ物からも水分を摂取しています。
口から入った食べ物の水分は80%が小腸で吸収され、残りの20%が大腸で吸収されるのです。
つまり、便には食べ物に入っていたごくわずかな水分が、吸収されずに残っています。
ですから、水分をたくさん取ると便にも水分が多くなるでしょう。
逆に、水分が少ないと体は食べ物から極限まで水分をしぼり取ります。
なので、便に含まれる水分量が少なくなり、便が固くなるのです。

 

残便感があるという方は、水分の量が少ないんです。

 

 

 

しかし、ただ単に水を飲めばいいという訳ではありません。

 

水溶性の食物繊維と一緒にとるのがオススメです。

 

でも、なかなか食生活の上で、水溶性食物繊維を十分に取ることが厳しいですよね。

 

その場合は、健康食品で補うのもアリですね。

 

最近では、各メーカーが水溶性食物繊維を多く含む、難消化性デキストリンの商品化を進めています。

 

サプリメントなら決まった量を、毎日摂取する事で、腸内環境を整える事ができます。
規則正しい生活。

 

 

残便感は、善玉菌を増やして働かす事が大切です。ヨーグルトや乳酸菌飲料を頂いたりして、善玉菌を活発にします。腸の動きが良くなることで、自然なお通じが期待でき残便感がなくなります。便秘が続くと、体の状態が非常に悪くなり便秘薬に頼る方も少なくありません。便秘薬は、腸を動かして便を押し出すお薬です。毎日、摂取していたら次第に効果がなくなってき残便感もあり、よりたくさんの量を摂取してしまうという結果になります。なるべくお薬を摂取せずに、サプリメントや乳酸飲料、野菜などの食品を摂るようにします。自然食品なら、癖にもならず、よい便の週間がついて、残便感もなくなります。また体を動かす事によって、腸も動き残便感がなくなります。