残便感は運動不足のせい

残便感と運動不足の関係は?

毎日意識して運動をしないと、すぐに運動不足になってしまいますよね。

 

事務職だと座りっぱなしだし、残業が多くてスポーツクラブに通う時間もない・・・。

 

この残便感は運動不足のせい?毎日続けたい運動はこれ

 

残便感を毎日感じている人は、お腹がはって、モヤモヤしますよね。

 

体調がすっきりしないと気分もよくないまま。

 

何とかするにはどうしたらいいの?そう思っている人も多いんです。

 

残便感を解消できる簡単な運動は?

 

夜寝る前に腹筋をしましょう。

 

この残便感は運動不足のせい?毎日続けたい運動はこれ

 

最初は少しずつでもいいので、続けることが大切です。

 

また、普段の生活でも簡単にできる、ドローインという方法があります。

 

お腹をへこませるだけなのですが、お腹の周りにある腹横筋、腹斜筋などの筋肉を使うので、お腹周りの筋肉を鍛えられます。

 

しかも、ドローインは、座っていても立っていても、歩きながらでもすることができますので、パソコンをしながらでも、電車の中でもすぐにできます。

 

簡単なので、一度やっていてもいいですね。

 

運動不足と便秘はどんな関係があるの?

 

運動不足が便秘の原因になってしまうのは、排便時に必要とされる筋肉(腹直筋)が低下しているから。

 

便を腸から肛門へ押し出すことができなくなってしまうんです。

 

腸内の便を排出するのに、腹筋が必要なんですね。

 

この残便感は運動不足のせい?毎日続けたい運動はこれ

 

腸のぜん動運動が重要

 

腸のぜん動運動とは、腸がいも虫のように動くことです。

 

この動きによって便を移動させるのです。

 

このぜん動運動を活発するには、腸の周りの筋肉が必要で、それが腹筋なんです。

 

腹筋が弱くなると、腸をきちんと動かすことができなくなります。

 

すると、便が腸内に留まる時間が長くなって、必要以上に便が硬くなったり、腸内環境が悪化するんですね。

 

すると便秘を起こしてしまい、トイレに行っても、まだ出し切れていないような残便感を感じるわけです。

 

残便感の解消法はこちら