肛門のうっ血で残便感を感じる

肛門のうっ血で残便感を感じる

残便感があって、モヤモヤする人は意外と多いんです。

 

肛門は敏感な機関なので、残便感も覚えやすいんですね。

 

 

残便感の理由は、便秘などいろいろ考えられますが、肛門のうっ血も理由の一つです。

 

肛門のうっ血とは、排便時にイキむことによって、直腸が活発に動いた結果、充血することです。

 

実際に、便は残っていはいないけれども、肛門がうっ血していると残便感を感じるようです。

 

肛門は敏感な機関なので、肛門のうっ血を残便感として捉えてしまうんですね。

 

肛門のうっ血はいぼ痔になる可能性

 

肛門のうっ血は、肛門付近の血行不良により起こるといわれています。

 

肛門のうっ血があるまま、イキみ続けていると、いぼ痔になることもあります。

 

そして、肛門のうっ血といぼ痔を繰り返すことによって、症状が悪化して、残便感を強く感じるようになるんです。

 

肛門のうっ血はいきまなければ治る

 

肛門のうっ血をなくして、残便感を感じなくするには、イキまなくても出るような腸内環境づくりをすることです。

 

 

便が固いと肛門がうっ血し残便感につながりますので、食物繊維やたっぷりの水分、良質の油で便を柔らかくしましょう。

 

ゴボウ茶などは、水溶性食物繊維がたっぷりふくまれるのでオススメです。

 

キノコ類やこんにゃくなども良いですね。

 

普段の食事に積極的に取り入れるようにしていきましょう。

 

また、腸内環境を整えるサプリメントを飲むのも有効です。

 

自然に便が出るような習慣をつけることが大切なんですね。

 

腸内環境を整える天然美通の公式サイトをチェックする

 

残便感の5つの解消方法は?