残便感は過敏性腸症候群かも?

過敏性腸症候群の症状は?

過敏性腸症候群は、お腹の痛みに下痢や便秘が伴う疾患です。

 

大きく3つに分けられます。

 

  • 下痢型
  • 便秘型
  • 下痢と便秘を交互に繰り返す交替型

 

男性は下痢型が多く、女性は便秘型になることが多いと言われています。

 

通勤電車の中で腹痛が起こり、駅のトイレに駆け込む、というのは男性の典型的なパターンです。

 

こういう症状が出始めると、営業の商談中に便意を催したらどうしよう、など不安が大きくなりますよね。

 

女性はコロコロした便で出にくくなることが多く、残便感も感じやすくなります。

 

 

過敏性腸症候群の原因は?

 

過敏性腸症候群を発症する原因は、はっきりとはわかっていません。

 

ただ、何らかのストレスが加わると、ストレスホルモンが脳下垂体から放出され、その刺激で腸の動きがおかしなり、過敏性腸症候群の症状が出るようです。

 

さらに、症状が繰り返されることで、腸が刺激に対して「知覚過敏」になり、さらに悪化するということもあるようです。

 

過敏性腸症候群を治すにはどうすればいい?

 

運動が一番です。

 

運動をすると消化運動に関係する自律神経系に刺激を与えることができます。

 

また、筋トレなどの単調な動きは、ストレスを緩和する効果もあるんです。

 

過敏性腸症候群って何?残便感と関係あるの?

 

また、適度な運動で、肉体的に疲れた後にゆっくり休めば、精神的な疲れにも効果があります。

 

過敏性腸症候群は、ストレスなど、精神的ものが原因ですので、症状を改善するのに長い期間がかかります。

 

症状が深刻になる前に、ストレスを解消・軽減できる環境づくりを心がけましょう。

 

残便感の解消法はこちら